ヨハン・ブルクミュラー ロマン派時代 初級・中

ブルクミュラー 25の練習曲 「なぐさめ」

ピアニスト・酒井梨恵の動画ライブラリ「Rieのピアノ図書館」のページへようこそ♪

ブルクミュラー「25の練習曲」の第13曲目「なぐさめ」をお届けします。

動画が気に入って頂けたら、チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪
YouTubeチャンネルはこちらから

ヨハン・ブルクミュラーってどんな人?

ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann Friedrich Franz Burgmuller、1806年12月4日~1874年2月13日)はドイツの作曲家・ピアニストです。日本では、25の練習曲の作曲家として知られています。

ドイツのレーゲンスブルクで生まれましたが、26歳でパリに移住。亡くなるまでパリで活躍しました。他の作曲家と違い、あまり知られてはいませんが、パリに移った後、教育者として有名になり、フランス国王ルイ=フィリップ1世の子供たちにピアノを教えることになります。また、弟のノルベルト・ブルクミュラーも作曲家・ピアニストで、ヨハン・ブルクミュラーよりも有望視されていましたが、若くして亡くなっています。

ブルクミュラーの生涯
ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー Johann Friedrich Franz Burgmuller

このページではヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラーの生涯・代表的な曲・動画の紹介をしています。 ブルクミュラーってどんな人? ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann F ...

続きを見る

25の練習曲とは?

ブルクミュラーは練習曲集を3つ書いています。

  1. 25の練習曲 「ピアノのためのやさしく段階的な25の練習曲」
  2. 18の練習曲 「18の性格的な練習曲」
  3. 12の練習曲 「12の旋律的で華麗なる練習曲」

3つの曲集がシリーズになるように、「25の練習曲」が初級向け、「18の練習曲」が中級向け、「12の練習曲」が上級向け、と難易度が分かれて作られています。

「25の練習曲」は全体を通してオクターブが出てこないため、小さな手のお子様でも弾くことができ、2ページ程度の長さ、♯や♭の少なさ、題名がありメロディーに親しみやすい事から、日本では導入期や初級の教則本として、古くから親しまれています。

1 素直な心  La candeur
2 アラベスク  L'Arabesque
3 牧歌  La Pastorale
4 子供の集会  Le petite Reunion
5 無邪気  Innocence
6 進歩  Progres
7 清い流れ  Le Courant limpide
8 優美  La Gracieuse
9 狩猟  La chasse
10 やさしい花  Tendre fleur
11 せきれい  La Bergeronnette
12 さようなら  L'adieu
13 なぐさめ  Consolation
14 スティリアの女  La Styrienne
15 バラード  Ballade
16 小さな嘆き  Douce Plainte
17 おしゃべり  La Babilarde
18 心配  Inquietude
19 アヴェマリア  Ave Maria
20 タランテラ  La tarentella
21 天使の声  L'Harmonie des Anges
22 舟歌  Barcarolle
23 帰途  Le Retour
24 つばめ  L'Hirondelle
25 貴婦人の乗馬  La Chevaleresque

※日本語訳は色々なバージョンがあります

おすすめの楽譜はこちらから♪

新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング [ 松本倫子 ]

価格:1,100円
(2023/6/29 22:03時点)
感想(8件)

ブルクミュラー:25練習曲 Op.100 (全音ピアノライブラリー) [ 北村智恵 ]

価格:880円
(2023/6/29 21:59時点)
感想(108件)

なぐさめとは

曲の基本知識

拍子と調号

4分の4拍子
ハ長調

出てくる音楽記号

Allegro moderato ほどよく速く
dolce lusingando 甘く、こびるように
cresc. だんだん大きく
dim. だんだん小さく
rall. だんだんゆっくりと
in tempo 元の速さで
dim. e poco riten. だんだん小さく、そしてだんだんゆっくりと

曲の構成

序奏→A→A→B→B

題名について

原題は「consolation」
consolationはフランス語でも英語でもなぐさめ、安らぎ

弾く時のポイント

メロディーが出せるかがポイント

step
1
   まずは、メロディーがどこにあるか探してみましょう

Aのパートでは、メロディーが少しかくれんぼしています。見つけてみましょう。

step
2
   メロディーが良く聞こえるように弾いてみましょう

メロディーを見つけたところで、その音だけが浮かび上がって聴こえるように弾いてみましょう。

step
3
   メロディーが繋がっているか、ニュアンスはつけられているかチェック

ただ、メロディーを大きく出すだけでは美しくないので、タッチやニュアンスもつけて弾いてみましょう。

Rieの一言

題名の「なぐさめ」という言葉。あまりなじみがないように感じますが、リストやメンデルスゾーンも作曲しています。ブルクミュラーの「なぐさめ」は25の練習曲の中でも、少し地味・・・ですが、思いのほか難しいように感じます。

というのも、まず、メロディーが出しにくい。しかも、長いフレーズなので、途中で息切れしないように、キレイに歌って弾かないといけません。そして、小さなお子様にとって、この曲の雰囲気と「なぐさめる」という事が、ピンと来ない・・・

なので、動画では、なぐさめる時に使う優しい言葉をたくさん入れてみました。ちょっと落ち込んだ時になど聴いて頂けたら嬉しいです。


-ヨハン・ブルクミュラー, ロマン派時代, 初級・中