クロード・ドビュッシー 中級・中 近現代

ドビュッシー 月の光

ピアニスト・酒井梨恵の動画ライブラリ「Rieのピアノ図書館」のページへようこそ♪

ドビュッシーといえばこの曲!と言っても良いほど人気のある月の光をお送りします。

動画が気に入って頂けたら、チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪
YouTubeチャンネルはこちらから

ドビュッシーってどんな人?

クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy 1862年8月22日ー1918年3月25日)は、フランスの作曲家。今までの音階や和声にとらわれず、自由な和声を使ったり、全音音階を多く使って作曲した。近現代時代の代表的な音楽家で、印象派を作り上げたと言われている。
※印象派は20世紀のフランスで派生した流派の1つ。気分や雰囲気に重きを置いた作風が特徴。

ドビュッシーの生涯
クロード・アシル・ドビュッシー Claude Achille DEBUSSY

このページでは、クロード・アシル・ドビュッシーの生涯・代表的な曲・動画の紹介をしています。 ドビュッシーってどんな人? クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy 1 ...

続きを見る

月の光とは

ベルガマスク組曲

1890年ごろから作曲され、1905年に出版されています。

ベルガマスク組曲のベルガマスクは「ベルガモの~」という意味で、イタリアのロンバルディア州のベルガモという地区の事、またはベルガモ舞曲を指していると言われています。

また、フランスの詩人ポール・ヴェルレーヌの詩集「艶なる宴」に「月の光」という詩が入っていて、その一説に"Que vont charmant masques et bergamasques"(現れたる艶やかな仮面喜劇者とベルガモの踊り子たちは)ベルガマスクという言葉がが使われていました。

1 プレリュード Prelude
2 メヌエット Menuet
3 月の光 Clair de lune
4 パスピエ Passpied

プレリュード・メヌエット・パスピエはバロック時代に組曲で使われることの多かった曲。

おすすめの楽譜

ドビュッシー/ピアノ曲集 2 安川加寿子校註 (435002/版画・ベルガマスク組曲)音楽之友社

価格:1430円
(2024/2/20 13:16時点)
感想(3件)

難易度

調号は多めですが、テンポは速くないので、テクニック的な難易度は低めです。
ただ、ドビュッシーらしい音色を出すのは繊細なタッチが必要となります。が、音を作るのも作業も楽しい時間かなと思います。全音ピアノピースではC(中級)となっています。

Rieの一言

またまた意外にも初めて弾いたのは、ピアノを教え始めてからでした。
生徒さんからも人気な曲なので、曲を知っておくために練習したので、しっかり練習したのは今回が初めてかも・・・
どちらかというと、力強い曲が得意なので、柔らかく淡い音を出すのに苦戦しました。それでも、響きがとても美しいので、その苦労も楽しい時間となりました。

動画は、題名のとおり「月」とともにお送りしています。
日本には「満月、三日月、上弦・下弦の月・・・」など色々な月を表す言葉があります。どんな、月とこの曲が合いそうか、夜空を見ながら聴いて頂けたら嬉しいです。

-クロード・ドビュッシー, 中級・中, 近現代